トップ  >  審美歯科

審美歯科

山王グランドビルが考える“審美”とは

山王グランドビル歯科が求める「美しさ」とは、歯の美しさばかりではなく、それを支える引き締まった歯肉や整った歯並びなど、口元全体の美しさのことを指します。「白い歯=美しい」とするのではなく、白い歯とその周囲の調和があって初めて自然な美しさが生まれると考えているためです。人によって歯並びに抱いている悩みも、求める美しさも異なります。私たちは皆さん一人ひとりが求める美しさを実現するために、様々な治療法で対応します。

現在の自分の歯よりもきれいに仕上げる方法

1.セラミック冠

術前

術後

セラミック製の冠です。セラミックは天然歯と同様に光の透過性が高く、素晴らしい審美性を発揮します。

2.ラミネートベニア

術前

術後

セラミック製の薄い板(シェル)です。歯の表面をひと回り薄く削り、セラミック製のシェルを接着します。とても薄い素材なので、前歯の黄ばみなどが気になる方におすすめです。

失った歯を本物のように自然に仕上げる方法

1.セラミック冠

術前

術後

自分の歯に特徴的なヒビや縞がある場合、その特徴を再現する事でより自然に見えます。

2.セラミックインレー

術前

術後

セラミック製の詰めものです。金属の詰めものからセラミックインレーに替えると、天然歯のような美しい白さがよみがえります。銀歯の詰めものが気になる方におすすめです。