トップ  >  インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

医療法人東杏会(丸ビル歯科・ベルエアガーデン歯科・山王グランドビル歯科)では、経験豊富な歯科医師たちがチームを組んで、安全かつ確実なインプラント治療に尽力しています。長期的かつ快適にインプラントを使用するためには、お口の中全体の環境とバランスを整える必要があります。以下で、実際のインプラント治療の流れを説明させていただきます。

Step1 問診・お口の中の診査・レントゲン撮影・型とり

問診・お口の中の診査・レントゲン撮影・型とり

現状確認のため、お口の中の診査、レントゲン撮影、型とりを行います。また、問診によって全身状態や服用中のお薬などを把握し、安全な手術が行えるようにします。必要に応じて他科への対診も行います。

Step2 口腔内環境の改善処置

インプラント治療は外科処置を伴うため、お口の細菌数を減らして傷口からの感染リスクを低減させる必要があります。お口の環境を整えるためにも、虫歯や歯周病が見つかった場合は、それらの治療を先に行います。また、バランスよく食事できるよう治療部位だけでなく全体的な治療を行うことをおすすめします。

Step3 歯科用CT撮影

歯科用CT撮影

顎の骨の状態や歯の状態を3次元で立体的に解析するため、最新の歯科用コーンビームCT装置を用いて撮影します。

Step4 3次元シミュレーション

3次元シミュレーション

最適な部位にインプラントを埋入できるよう3次元インプラントシミュレーションソフトウェアを用いてシミュレーションを行います。安全性向上のため、複数の経験豊富な歯科医師が議論を重ねます。

Step5 手術の説明

手術の説明

3次元シミュレーションを用いて手術の手順や注意点を主治医が説明します。不安や疑問がありましたら遠慮なくお訊ねください。

Step6 インプラント埋入手術

インプラント埋入手術

手術は局部麻酔をほどこしてから手術室で行います。麻酔前に歯科衛生士が30分ほどかけてお口の中全体をしっかり清掃してから、顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋めます。手術時間は患者さまのお口の状態によりますが、30分から90分ほどです。レントゲン撮影を行って術後の確認をしてから主治医が手術後の注意点を説明いたします。

Step7 手術後の洗浄・糸とり

約1週間後に傷口の抜糸を行います。

Step8 手術後の経過観察

定期的に経過観察、洗浄、清掃を行います。

Step9 2次手術

2次手術が必要になるのはインプラントの頭の部分が周りの歯ぐきに埋もれている場合のみです。手術時期はインプラント埋入後6~8週間後です。局所麻酔を行い覆っている粘膜を切除しますが、侵襲が少ないので腫れや痛みはほとんどありません。

Step10 型とり

型とり

インプラントが骨と結合したら、インプラントの位置を正確に模型上に再現するための専用パーツとオーダーメイドの型とりトレーを使用して上部構造を製作するための型とりを行います。

Step11 上部構造の装着

上部構造の装着

上部構造をインプラントに装着します。上部構造は熟練の専属技工士が精密に製作しています。お口の状態によっては、新しい歯に慣れるために仮歯を入れたり歯ぐきを整えたりする過程を経る必要があります。

Step12 装着後の経過観察とまし締め

上部構造装着から1週間後くらいに、噛み合わせやブラッシング状態を確認します。1ヶ月後くらいには、スクリューやパーツのゆるみを解消して本来の固定力を維持できるよう、上部構造を固定しているスクリューを規定のトルクで締め直します。この作業をまし締めといいます。

Step13 メインテナンス

口腔内を快適な状態を維持するためには定期的なメインテナンスが欠かせません。インプラントは人工物なので虫歯にはなりませんが、細菌によって周囲の歯ぐきが歯周病に似た「インプラント周囲炎」になることがあります。そのため、専用の器具でプラークや歯石除去を行います。ご家庭でのブラッシング指導も行っています。患者さまのお口の状態に応じて3ヶ月から半年に一度メインテナンスを行っていきます。