トップ  >  ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは

術前

術後

毎日、丁寧にブラッシングをしていれば、歯の白さは保てるはず……と思いがちですが、ご自身のケアだけでは歯の白さを保つことは難しいのが現状。色素が取り除けないと、歯が変色してしまうこともあるのです。

そこでおすすめしたいのが、歯科医院での「ホワイトニング」。薬剤による漂白で、本来の歯の色以上に白く美しい歯を手に入れられる方法です。

ホワイトニングのメリット

歯の色を薬剤で白くさせるため、歯を削らずに済みます。また、自宅でも簡単に行えるところもうれしいポイントです。ですが、口内に虫歯や歯周病がある場合はホワイトニングができません。その場合、先に治療が必要になります。

原因別 ~歯を白くする方法~

タバコやコーヒー、お茶などにより変色した歯

術前

術後

喫煙者がタバコのヤニによる汚れで歯が黄ばみやすいことは、きっと皆様もご存じでしょう。しかし紅茶やコーヒーでも変色することを知っていますか? 他にもコーラやお茶、赤ワインでも着色は起こり、摂取していた期間や頻度により着色もひどくなります。これらタバコのヤニやコーヒーの色素(ステイン)、茶シブなどの汚れは、ブラッシングだけで完全に取り除くことはできません。

方法

歯のクリーニング(PMTC):歯科医や歯科衛生士によるクリーニングで歯石や汚れもスッキリ除去。黄ばみが気になる歯も、元の白さを取り戻せます。

歳とともに変色してきた

歯は健康であれば一生涯通して使うもの。長年使っていれば、エナメル質が黄ばむ、象牙質の厚みが増して茶色くなる場合があります。

方法

ホワイトニング:薬剤による漂白で、白く美しい歯を手に入れることができます。

抗生物質の使用が原因で変色した

テトラサイクリンという抗生物質を、お子さんが胎生期(母親が妊娠中)から8才くらいに投与された場合、副作用として歯に変色が現れます。ひどい場合、色は黒色や暗紫色で、ある程度成長してから現れるのが特徴です。

方法

このような着色は、歯の内側の象牙質までもが変色しており、エナメル質しか漂白できないホワイトニングでは、充分に白くすることはできません(ただし、軽度の変色の場合はホワイトニングで対応できる場合もあります)。